読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふわふわソース

興味がわくことをみつけていきたい

谷中銀座の撮影禁止看板その後

何ヶ月か前に谷中銀座が撮影中止になったらしい、とネットで話題になった。こないだの三連休にこの近辺を通りかかったので、谷中銀座にも寄ってみた。でも、下のまとめに載っているような商店街全体にかかるような撮影禁止の看板は見当たらなかった。

谷中銀座商店街の撮影禁止問題について
http://togetter.com/li/700305

そのかわり、お店の軒先に撮影禁止の貼紙が貼ってあった。撮影禁止の貼紙はどの店も共通で、カメラアイコンにバツ印がしてある、シンプルでわかりやすいものだった。イラストにするとこんなかんじ。

f:id:mofutofu:20141105223736j:plain

撮影禁止看板は物議を醸したし、個別対応にしてくれて、わかりやすくなってよかった。外国人観光客も多いので、アイコンにしたのかな。休日の谷中銀座は、原宿の竹下通りよりは空いてるってくらいの混雑だから、写真を撮ろうという気分にはならないんだけど……。

谷中銀座商店街のfacebookにこんな記事あった。看板騒動は2014年7月くらいの話か。
https://www.facebook.com/yanakaginza/photos/a.567719883278426.1073741827.157762750940810/770706266313119/

今は谷中銀座商店街がフォトコンテストをやってるくらいだから、写真撮影自体は歓迎っぽい。

やなかフォトコンテスト「吾輩は谷中猫である」
http://www.yanakaginza.com/contest/

猫は混雑した商店街の中よりも、路地にいることが多いしね。

そうそう、この日は朝倉彫塑館に行ったんだけど、すごく素敵な場所だった。ここはもともと彫塑家、朝倉文夫のアトリエ兼自宅だったそう。数寄屋造りの和室と洋風のアトリエや書斎が一体になっていて、建物自体もすごく面白い。しかも広くて、家庭菜園のある屋上つき。谷中周辺は高い建物が少ないので、屋上はすごく見晴らしがよかった。そして自然光の差し込む天井の高いアトリエに、たくさんのブロンズ像が並んでいるのは日本じゃないみたいだった。

朝倉彫塑館を歩く
http://taito-culture.jp/culture/asakura.html

そんな素敵な朝倉彫塑館も撮影禁止だった。これはちょっともったいないと思うけど、三脚立てられても困るし、仕方ないのかな。