読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふわふわソース

興味がわくことをみつけていきたい

スマホでも美味しそうに撮れた食べ物写真の特徴

はてなで食べ物写真のことが盛り上がっていたので、自分で撮った写真のフォルダを軽くチェックしてみたのだけれど、食べ物写真が全然みつからなかった。

特に旅行でイギリスに行ったとき、コッツウォルズで食べたスコーンは大きくて美味しかったので、絶対撮っていると思っていた。それなのにまったくなかった。とりあえずトリップアドバイザーを見まくったらお店はみつかった。でもスコーンの写真は載っていなかった……。

Market Pantry, Broadway - Restaurant Reviews & Photos - TripAdvisor
食べ物の写真を美味しそうに撮るのは難しいので、美味しいと評判のお店に行っても写真は撮らないことが多い。そして、実際に食べるまで美味しいかどうかはわからないのが、外食の際に撮る写真の難しいところ。ひとくち食べてから撮っておけばよかったと思っても、美味しそうだった盛りつけはすでに崩れている。
iPhoneのカメラロールを見てみたら、スコーンはなかったけど食べ物写真はたまに撮っていた。珍しい果物や舟盛りのドライアイス演出を撮っていることもあったけど、単に見た目の美しさに惹かれて撮っているものもいくつかあった。

美味しい食べ物を撮ってもマズそうに写っていることはよくあるけど、見た目のよい食べ物はきれいに写るので美味しそう。フォトジェニックだと感じた食べ物写真の特徴をあげてみます。iPhoneで撮っただけなのでホワイトバランスとか色補正などはしていません。

反射と透明感
黒い塗りのテーブルとつやつやとしたお皿、さらに透明感のある葛餅と黒蜜に光が反射してキラキラしている。このときは湯のみに描かれた葛の絵がかわいかったので写真を撮ろうと考え、せっかくなので葛餅も一緒に撮っただけなのだけれど、お皿の向こう側の窓から差し込む自然光のおかげで美味しそうに撮れた。葛餅以外にもイクラや生しらすなんかもキラキラ系で美味しそうに撮れそう。

f:id:mofutofu:20150217013307j:plain

マットな質感
抹茶が入った緑色の生地に、さらに抹茶をまぶしたドーナツは、厚みがあり、まるで苔むした岩のような印象。このマットな質感がいいなーと思って撮ったけど、ドーナツにピントが合っていないので、失敗……。このドーナツ以外にも練り切りの和菓子も同じような意味でフォトジェニック。マットな質感は透明感があってキラキラした葛餅とは逆の魅力ですね。

f:id:mofutofu:20150217013349j:plain

立体感のある盛りつけ
たっぷり生野菜がのった鶏肉のフォー。もやし、水菜、パクチーなどが小高く盛られていて、出来たてなので湯気も出ている。この時は右側の窓から自然光が差し込んでいたので、さらに立体感が出ているのかな。テーブルや調味料、器も素朴な雰囲気で統一され、写真うつりよし。なんだかラーメン二郎っぽいな、と思って検索してみたら、二郎はこんなもんじゃなかった。

f:id:mofutofu:20150217013431j:plain
これらの美味しそうに写る食べ物とは逆に、本当は美味しいのに、なかなか美味しそうに写らない食べ物は確かにある。例えば……

もんじゃ焼き
平べったいし、具はみじん切りで何がなんだかわからない。アップで撮ったら食べ物なのかどうかも……。土手を作っているときに撮れば、もんじゃ焼きだとわかるし、立体感があっていいかも。

水まんじゅう
あんこが透けて紫色になっている様子が毒々しくなる。単体で撮ると目玉とか何かの卵っぽいし。笹で巻いてあったり、水で冷やされたりしていないと、水まんじゅうだとわかりにくい。

辛し蓮根
蓮根のグレーがどうにも美味しそうに写らない。揚げたての辛し蓮根はすごく好きなんだけど。

ローストビーフ
薄切りにされた状態だといまいち美味しそうに写らない。ローストビーフの画像を検索すると、プロが撮ったような写真は、切り出している場面を撮影していることが多かった。でかい肉のかたまりが脇にあると、立体感が出て薄切りの肉の寂しさをフォローしてくれるのね。なるほど〜。

ふと思ったんだけど、ファミレスで料理を撮る講習会があったら面白そうだな〜。和食から洋食、デザート、ドリンクまであるし。お吸い物を撮る際には写り込みを防ぐため、PLフィルターを使いましょう(そんなことするのかな?)とかそういうのをふんふんとメモしたい。