読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふわふわソース

興味がわくことをみつけていきたい

ゴールデンウィークのお出かけ前に根津美術館で試し撮り

f:id:mofutofu:20150430223839j:plain

これからの季節は旅行などで高倍率ズームを使いたくなることが多くなるだろうと思い、デジカメD600とレンズAF-S NIKKOR 28-300mmをニコンのサービスセンターで点検してもらうことにした。過去に、頼まれた撮影の途中でカメラが動かなくなってしまい、変な汗をかいたことがある。そんなことがあってからは、旅行や重要な撮影の前には使うカメラとレンズを持ち出して、動くかどうか確認し、さらにサービスセンターで点検してもらうようになった。

ニコンのサービスセンターは東京だと新宿と銀座。カメラ、レンズを点検や清掃に出すと大体1時間以上はかかるので、ビックカメラヨドバシカメラなど、大きなカメラ屋さんがたくさんあり、リコーイメージングスクエア新宿だとかエプサイトのような写真の展示スペースも近い、新宿のサービスセンターに行くことが多かった。待ち時間は結局写真脳になってるので、カメラや写真をみてると楽しいからね。ショールームとサービスセンターが同じフロアなので気軽に新機種を試すこともできるし。

でも、最近は新宿は混んでいるのではないか?と思うようになり、銀座のサービスセンターに行くことが増えた。だって、新宿は上記のような魅力的な環境なので、カメラ好きが集まってきちゃうよね。もちろん銀座だってカメラのお店は多いし、街がフォトジェニックなので、どっちもどっちかもしれないけど……。

銀座に行く前に、一応高倍率ズームを使っておかしいところがないかチェックしておこうと考え、表参道の根津美術館に寄ってきた。以前に根津美術館へ行ったときの記事↓

mofutofu.hatenablog.com


根津美術館のサイトをチェックしたら、「尾形光琳300年忌記念特別展 燕子花と紅白梅 光琳デザインの秘密」が開催中で、さらに庭園のカキツバタが見頃だという。

「燕子花図屏風」と庭園のカキツバタが一度に見られるという魅力的な展示会ですから、そりゃあ混んでましたね。先に庭園のカキツバタを見てから美術館内の「燕子花図屏風」を見て、おなかいっぱいだわー、と思っていたら上の展示室には団扇や蒔絵などもありました。見た目を整理整頓して図案化した草花を、トリミングでもっと魅力的にした団扇は、ホントにかっこよくて……。「燕子花図屏風」より団扇のほうが好きだな。もっとじっくり時間をかけて見たい。期間中にもう一度行きたいくらい。高倍率ズームレンズを使うために行ったのに、すっかり団扇に夢中になってしまった。

その後、銀座のニコンサービスセンターへ行き、カメラとレンズを点検してもらった。これで安心して出かけられます。ゴールデンウィーク、いいことありますように。

 

今週のお題ゴールデンウィーク2015」