読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふわふわソース

興味がわくことをみつけていきたい

カメラバッグ沼の恐怖と気になっているカメラバッグ

気軽に使えるショルダーバッグとデジカメが2台入る大きなバックパックはまだまだ大丈夫なのですが、カメラ1台とレンズ何本かを入れてちょっと出かける用のカメラバッグ(25Lくらいのバックパック)がボロボロになってきました。これはそろそろ本気で買い替えたい、っていうか買い替えないとヤバいです。2015年の時点でぼろっちいとブログに書いていながら、まだ買い替えていないのは「カメラバッグ沼」が怖いから。

「カメラバッグ沼」というのは「レンズ沼」のカメラバッグ版で、一度買い出すともっと、もっとよいカメラバッグが欲しくなってしまうという症状らしい。カメラバッグを買うときって、どこに出かけよう!!なに撮ろう!!みたいにテンションが高くなり、わくわく感に包まれているから確かにあぶないですよね。

私はたまにレンズを買うときですらドキドキして、この「レンズを買うからには他で無駄遣いをしてはイケナイ」などと考え、服はユニクロと無印のセール品ばっかり買っていたら、ものすごくもっさりとしてきた。脱オタならぬ入オタしてる。お金は無限じゃないから、カメラバッグ沼にはまってしまったら今度は何を削ればいいのか。髪を切るのを毎月じゃなくて2ヶ月に1回にするとか……?いや、そんなことをしてはいけない。だから、カメラバッグ沼にはまらぬよう、真剣に選びたいのです。

バックパックに欲しい機能とこだわり2016年版
1.デジカメ1台にレンズをつけたまま収納できる
2.バックパックをおろさなくても取り出しができる(二層式やサイドにファスナーがあるタイプ)
3.サイドにペットボトルを入れるポケットがある
4.タブレットやノートパソコンの収納スペースがある(大きめのガイドブックを入れたい)
5.小物を入れるポケットがある
6.撥水生地など、防水機能
7.カメラが入っていそうに見えない外見(できれば海外旅行に行きたいので)
8.スーツケースに差せるバンドがついている
9.バックパック自体の重さは2kg以下
10.汗をかくので洗いたい(汗が塩になるので、ファブリーズじゃダメ)
11.ロゴやブランド名がゴムみたいなので貼りついていない

今気になっているバックパックタイプのカメラバッグはこの2つ

ロープロ フォトハッチバック BP 250 AW II

【国内正規品】Lowepro(ロープロ)  バックパック フォトハッチバックBP 250AW2 5.0L(カメラ収納部) ブラック/グレー 369575
○1.デジカメ1台にレンズをつけたまま収納できる
△2.バックパックをおろさなくても取り出しができる(二層式やサイドにファスナーがあるタイプ)
○3.サイドにペットボトルを入れるポケットがある
○4.タブレットやノートパソコンの収納スペースがある(大きめのガイドブックを入れたい)
○5.小物を入れるポケットがある
○6.撥水生地など、防水機能→防水カバーつき
△7.カメラが入っていそうに見えない外見(できれば海外旅行に行きたいので)
×8.スーツケースに差せるバンドがついている
○9.バックパック自体の重さは2kg以下→920g
○10.汗をかくので洗いたい(汗が塩になるので、ファブリーズじゃダメ)
○11.ロゴやブランド名がゴムみたいなので貼りついていない

ペットボトルを入れるポケットがグレーじゃなく黒で、スーツケースに差せるバンドがついていたら、きっと即買いしていたでしょう。つるっとした見た目でシンプルなので、ロープロのロゴがなければカメラバッグっぽくはない。開口部がユーザー身体側にあるのも海外旅行に行くときには安心です。

ハクバ ルフトデザイン ビンテージレーベル バックパック M

HAKUBA カメラリュック ルフトデザイン ビンテージレーベル バックパックM ブラック SLD-VLBPMBK


○1.デジカメ1台にレンズをつけたまま収納できる
○2.バックパックをおろさなくても取り出しができる(二層式やサイドにファスナーがあるタイプ)
○3.サイドにペットボトルを入れるポケットがある
×4.タブレットやノートパソコンの収納スペースがある(大きめのガイドブックを入れたい)
○5.小物を入れるポケットがある
○6.撥水生地など、防水機能
○7.カメラが入っていそうに見えない外見(できれば海外旅行に行きたいので)
×8.スーツケースに差せるバンドがついている
○9.バックパック自体の重さは2kg以下→約1200g
○10.汗をかくので洗いたい(汗が塩になるので、ファブリーズじゃダメ)
○11.ロゴやブランド名がゴムみたいなので貼りついていない

「ハクバ ルフトデザイン ビンテージレーベル バックパック M」はCP+で見てから気になっていて、早く詳しい情報が出ないかと毎日ハクバのサイトをチェックしてましたが、ついに発売。

dc.watch.impress.co.jp

「コットンのような風合いながら強度の高いワックスコートダイヤ織りポリエステル生地」を使っているらしいのですが、近づいてみてもコットンにしか見えない、不思議な生地です。不満を感じる点はタブレットやノートパソコンの収納スペースがないことと、容量のわりにショルダー部分が細く、クッションもいまいちだったことかな。クランプラーのカラチ・アウトポストに似ているけど、もっと軽い。


「ロープロ フォトハッチバック BP 250 AW II」も「ハクバ ルフトデザイン ビンテージレーベル バックパック M」もファスナーにYKKのマークがなかったので、ちょっとがっかり。上記のようなことをヨドバシカメラでさんざん夫に説明し、どちらのバッグがいいか聞いてみたところ、「もう少し考えてみれば」と言われ……。アツくなっているのは私だけでした。

でも、今年こそは絶対にカメラバッグを買うんだ!

 

mofutofu.hatenablog.com

mofutofu.hatenablog.com